2013年08月11日

ワールドウォーZを観てきた




 【ネタバレ少しあり】


期待してたサバイバルパニックアクションのワールドウォーZを観てきました。

いやー、なかなか面白かった。

ある衝撃を受けるわけだが、娯楽作品として普通に面白かった。




ストーリーはプラッドピット演じるジェリーが、国連を大人の事情で辞めちゃって家族とバカンスしてたら、原因不明のゾンビウイルスがパンデミックしちゃい、いかにもな黒人が”ジェリーお前が必要なんだ”みたいな感じでお誘いをかけ、軍が家族を半ば人質みたいにしちゃって、多少不満ながらも家族と世界を救う方法求めてあっちこっち。

みたいな、割と王道です。

ゴシックホラーというよりはアクション主体。

ゾンビが強い強い。

単体が強いというより、感染力と群れの力が半端ない。

あっという間に世界が終わりに向かい絶望的な状況に向かう中、ジェリーが解決のヒントを見つけ奮闘します。





銃撃戦あり、格闘あり、車あり、ヘリあり、飛行機あり、爆破あり、密室戦あり、防衛線あり、サスペンスあり、ホラーあり、コメディあり、とてんこ盛り。

親切なのが、ものすごく分かりやすい死亡フラグ。
あ、こいつ数カットしか持たない!って思った通りに死んでいきます。
ので、怖いの苦手な人も大丈夫。


幾多の戦場とピンチを切り抜け、多くの仲間を失い、、、それでもなんとか世界を救うキッカケを見つけ、仲間のところへと戻るジェリー。


そして衝撃のラスト10分で登場する、、、




そう、、ペプシ!

ここで観客は2時間のペプシのCMを見ていた事に気が付きます。

もう、ポルナレフ状態です。

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
やつを追う前に 言っておくッ! おれは今 やつの炭酸を ほんのちょっぴりだが 体験した
い…いや… 体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが……
「おれは サバイバルパニックアクション大作映画を観ていたと思ったら いつのまにかペプシのCMを見ていた」
な… 何を言っているのか わからねーと思うが 
おれも 何をされたのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…



あまりに一瞬の出来事すぎて、本当にペプシなのかどうか分かりません。

が、たぶんペプシ。

仮にペプシじゃなかったとしても、見てた観客がペプシと思ったんだからペプシ。


サバイバルパニックとしてもCMプロモーションとしても秀逸なこの作品。

もうこれ以上説明しようがないので、実際に映画を観て体験してください。




サントリー ペプシコーラ ロング缶 500ml×24本
サントリー (2011-03-01)
売り上げランキング: 3,739


WORLD WAR Z
WORLD WAR Z
posted with amazlet at 13.08.10
マックス・ブルックス
文藝春秋
売り上げランキング: 3,441

  


Posted by smith at 00:15Comments(0)映像作品

2012年01月12日

そうかえん を買ってみた



小包王子が開けろと言うので開けてみた。




(*´Д`*) きたああああっ!!


虎の穴に注文しといた、いわゆる薄い本。

年末のコミケでも完売した一品。

  『そうかえん』

こういう同人誌が好きだ。




僅か28ページだが、総火演の注意点やアクセス。
2011年の写真で車両の紹介なんかがされてる。

結構いい角度での写真もあって、なかなか楽しめる。








74式たん。

なかなか擬人絵がきれい。




戦闘食料の紹介なんかもある。


ああ、、、今年も総火演行きたいなあ。



  
  


Posted by smith at 01:05Comments(0)映像作品

2011年11月10日

ハカイジュウ5巻を買ってみた



アマゾンで予約してたハカイジュウ5巻。

忘れてたのに勝手に届くのがはげしく便利だぜ。



さて、、、見てみる。


(゚д゚) ふう・・・


あああ、なんつうかイラつく巻でした。

面白い。面白いんだよ。話は。

たげどまあ、出てくるJKに危機感というリアリティが無さ過ぎる。


どう見てもやヴぁい生き物を安易に持ち歩くっていう判断が、ストーリー都合を通り越してバカすぎる。

目の前で人が死んでるのに。だ。

精神状態おかしすぎるだろ、これ。


んーでもね、、マイナーなくせに、、やはり面白いぞ。。

今日は仕事の都合で京都に行ってきたわけだが、、その京都がもうだめぽ状態に突入。

んふう、、、おもしろいz


かなり状況が悪くなってきたが、、どうケリをつけるのか、今後がとても楽しみだ。


  


  


Posted by smith at 23:45Comments(0)映像作品

2011年09月11日

ハカイジュウが面白い



なんとなく買ってみた漫画 『ハカイジュウ』

3巻だけ中古しかなくて尼のマーケットプレイスで発注したら、2店舗立て続けに在庫を切らしてて揃ってないわけだが、、


とりあえず1、2巻を読んでみたところ、、

なかなか 面白い


ストーリーは、普通の高校生の日常に正体不明のモンスターが現れて、身近な人間がズチャズチャに。
圧倒的なモンスターから逃げながらも、自分の好きな子を探すっていう王道な感じ。

『寄生獣』『学園黙示録』『アイアイムアヒーロー』『神様の言うとおり』をミックスして、敵がモンスターになったような感じ。

まだ1、2巻では事件発生から1日しか時間軸が進んでないので何とも言えないが、女の子の事もいいが、家族の事とか心配しろよ、、とか、多少なりとも武器になるもの調達しろよとか、モンスターでか過ぎて、それだと地球の重力下じゃ自重でつぶれるだろ、、何?超軽量な甲殻と肉なの?とか思ったりもするが、、

まあ、細かいことはいいか。

なにしろ、絵がキレイでとても読みやすい。

しかも、敵の正体が不明で尚且つ圧倒的に強い。

今のところ撃退策は無い。

事件発生から数時間経ってもニュースになってなかったり、地面の亀裂の対岸に人影が全く無く、救援と呼べる行動が何一つ始まってなかったりと、まるでその町だけ別の空間に存在してるかのような雰囲気。

『サイレント・ヒル』みたいなもんだろうか。

とにかく絶望的な状況をどうサバイバルするか、とても続きが気になる作品だ。


この手の作品は多いけど、やっぱり面白いと思ってしまうのはなぜだろう。

生存本能が掻き立てられるのだろうか。




( ;゚Д゚) ぐふうっ、、

( ;゚Д゚) 何でこんなに表紙のタイトルのフォントがダサいんだろう、、

|゚Д゚) ネ、、ネタ、、、なのか?


  
  


Posted by smith at 18:18Comments(0)映像作品

2011年06月26日

あの花が最終回を迎えた件



今期最高のアニメ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。


ついに11話、、最終回。。


蝉の鳴き声のするアニメに弱い、、ただでさえ弱いのに、、設定から演出から何から何まで胸の奥を抉るように仕組まれたこの作品。


ええい、、面白かったz(*´Д`*)




最初はお菓子のパッケージの再現クオリティがたけえなあ、、ぐらいにしか思ってなかったのに、、一話見終わったときにはもう今期はこれだけでいいやと思わせてくれた。




この作品、オープニングでそれぞれの登場人物の抱えてるものを表現してるわけだが、最終回でやっと思いがぶつかりはじけて、最後に溶け合う。




最終回と分かっているから、残された時間で表現されることがどんどんなくなっていく。。

めんまとの別れがくるのだろうか?

願い事は?

いやそれとも犯人はヤスなのだろうか?




にちゃんでは泣けるようで泣けなかったとか、号泣したとかまあ色々意見はあるものの、、

自分はというと、、

泣いた

エンディングが終わり、嫁の方を見るとそこには目がぐずぐずで真っ赤な嫁がいた。

(*;Д;*)(*;Д;*) ズビズビ

ええ、だってもう、、しゃあないじゃん。グサっときたんだから。

最終回で泣いたのはコードギアス以来じゃないだろうか。

リアルタイムであの花に、、、

いや、、




超平和バスターズはずっとなかよし


  
  


Posted by smith at 00:58Comments(0)映像作品

2011年06月02日

アイアムアヒーロー6を読んでみた



やっとアイアムアヒーロー6巻が発売。

尼損からの発送で届くのに2日かかって、待ち遠しかったz


さて、まず表紙。
いつもとデザインの趣向が異なって、感染したエキストラが多数出てる。
奥には富士山。最近の舞台はこの近辺だしね。


内容はというと、事態悪化後の逃走編からゾンビモノおきまりのショッピングモール篭城展開に移行。
ここでやっと、状況をある程度理解している生きてる人間の集団と合流。

日本なのでまともな武器はないものの、キーマンになってきた比呂美と集団の情報力で今後どうなっていくのかが楽しみだ。

しかし、今後のヒントがないか何度も読み返してみるが、そういった伏線なんかがなかなか見当たらない。
先の読めない展開が本当に面白い。


  
  


Posted by smith at 02:09Comments(0)映像作品

2011年01月22日

『イヴの時間』が面白い



ずっと見たかった劇場版アニメ 『イヴの時間』

を先日観てみたわけだが、、

これがもう、すんごく面白かった。




アンドロイドと人間が共存する未来のお話。

ひとつのカフェの中を中心に展開するいわゆる箱モノに近い感じだが、それぞれの立場からみた視点の展開や、登場キャラクター別に用意されたサブストーリーとの絡み、小気味の良い伏線の張り方。

ストーリーも演出もキャラデザインも音楽も、どこをとってもよい。


クスリとさせられたり、胸がキュンとなったり。

話も世界観も違うが、サマーウォーズのような作品が好きな人にはなかなか向いているのではないだろうか。

アンドロイドに対する否定と肯定が入り混じりつつ、人間味を感じられる世界観を是非楽しんで欲しい。

と布教してみたりしたりして。

いやでも、本当にオヌヌメの一本だ。


テックス、フィギュア化してくれねーかなー。



  
  


Posted by smith at 06:53Comments(0)映像作品

2010年12月26日

アイアムアヒーロー5巻を買ってみた



ポップな書体に、鮮やかな色使いのスカートを履いた上目遣い黒髪JK。

一見、ほのぼの系漫画なんだが、バックは墓場。




4巻の富士樹海から街に戻ってきたところから日中~一夜明けるところまでの一日と大阪が中心の関西の状況、2chのレスを通しての各地の状況が描かれている本巻。


相変わらず現実味のある展開で、ほとんどの人間が事態の重さに気がついていないなか、状況はどんどん悪くなる一方。
まともな解決策もないまま日常がどんどん崩壊していく。

主人公を含め、ストーリーに絡んでくる人物の全員の命が常に危うい状況で話が進むので、いつ誰がどうなるか分からない展開が怖い。

怖いんだが、今最も続きが見たい作品である。

大阪の描写は関西弁が極端すぎて実態と違っておかしいが、まあいっか。









  
  


Posted by smith at 13:51Comments(0)映像作品

2010年12月03日

マクロスF劇場版 サヨナラノツバサ の件



最近、まったくもってノーマークだったが、、、

いつの間にかサヨナラノツバサの公開日が決定している!!

2011年2月26日公開予定。

よいふとももだ。


公式は <コチラ


| ゚ Д ゚) うむ。待ち遠しい。


  
  


Posted by smith at 01:22Comments(0)映像作品

2010年10月19日

エヴァ×ロッテリア カレンダーを買ってみた。



いつもこっそりながら、なかなかのクオリティのアイテムを出してくれるロッテリア。

今はエヴァの2011年カレンダーを販売中。

ってことで、ゲットしますた。




1500円で売ってるわけで、カレンダーと一緒に最大240円相当のドリンク無料券×3枚もついてくる。

カレンダーは実質1000円以下。

(゚д゚) これ、、、使うのしのびねえな。。




序 の1月。




破 の1月と、序 の2月。

といった感じで、序と破の好きな方をディスプレイできる仕様。

これは、、、悩むじゃまいか!!




破 2月と 序 3月。




破 3月と 序 4月。


なんつうか、、、序は電柱やら第三新東京市の建物やら。
キャラクターじゃねええええって感じ。

でも、、、嫌いじゃない!!




レイとロッテリアドリンクカップ。

レイの胸の発育っぷりがすごいのと、足のバランスがちょっと大きい気がするが、まあいいか。




オマケでついてるメモ欄。

たぶん、きっと使いこなせない。




スタンドもついてて、立てることができたりする。

マリかわええ(*´Д`*)




  
  


Posted by smith at 23:56Comments(0)映像作品

2010年09月26日

進撃の巨人を買ってみた



以前から少し気になっていた

 『進撃の巨人』

を尼でポチってみた。


諌山創・・・知らん。


が、評判がいいので見てみたところ・・・


( ゚д゚) おもすろい!

絵は大して上手くもなくて、シーンによっては見づらい。

が、それを差し置いて、世界観と謎の多さがいい。


なんというか、人間が巨人に食われまくるという内容なのだが、、

反撃フラグが立つ度に仲間が食われていく。

かなり、絶望的な内容。

名前のあるキャラクターも多数いるが、次のページではあっけなく食われてしまう。

人間の存在が小さく単純で、些細なものだと思い知らされる。

圧倒的に不利な人間だが、巨人を倒す術も持ち合わせているところから、現実でいうところの人間VSスズメバチといった力関係のような感じ。


残酷だけど興奮するのは、やはり自分も目が前に付いた肉食動物だからだろうか。


まだまだ謎の多い世界だが、どうして巨人がいるのか?そして人間はどう生きていくのか?そういったものが少しずつ解き明かされていくストーリー展開に期待だ。

伏線張りまくって消化不良で消えるのが最近多いから、それは勘弁してくだしあ。。。


 
  


Posted by smith at 18:28Comments(0)映像作品

2010年09月11日

ラピュタ、ブルーレイ版のジャケットがヒドイ



12月22日発売が予定されている

 天空の城ラピュタ【Blu-ray】


ジャケットデザインが、、、

(((( ;゚Д゚))) ヒドイッ!!


なんつうか、、ピンク。

そしてもっさりしたイラスト。

なんだこのコンセプト。

クオリティ低すぎだろ。

小学生のトレース以下のレベルじゃねえかy



内容がいい作品だけに、ガワがこんなんじゃあなあ、、、


ナウシカのブルーレイ版にいたっては、内容も酷評だらけだっただけに、、

ラピュタもか、、

誰か人柱になってくれるのを待って、内容がよければ買おうと思う。


  
  


Posted by smith at 12:25Comments(2)映像作品

2010年09月05日

バイオハザード4 アフターライフを観て来た



※ネタバレ注意

早速観て来た、アフターライフ。


昔流れてた予告編と公開本編とは結構違ってた。

エージェント?がアリスコピーになってたり。

今公式に貼られてる予告編とも、字幕の表現の仕方が結構違う。

予告編みたらアルカディアが船ってことがバレバレじゃん。


まあ、それはいいとして。感想は、、

( ゚д゚) うん。面白い。


といった感じ。


荒探しすれば、色々と突っ込みどころはある。

ヘリの位置、どう考えてもそこに着陸しようとしたら事故るだろ!ってとこに置いてあったり、実弾の装填数がどう考えても多すぎ。弾切れしねーのかよ!とか。

クレア、あの状況で取り逃がすアンブレラスタッフってどうよ。とか。

いやいや、他にも突っ込みどころは満載。


なんだけど、やっぱこう人間であって人間じゃないエネミーをどかどか倒したり、驚くところは驚いたり、ストップモーションやらスローモーションの技術がすごかったり。

突然ゾンビ出てきたりするところは、映画館全体の人がドキーッって椅子を揺らしてたり。

エンターテイメントとしてはよくできてるんじゃないだろうか。

3Dなのはやはり余計だが、それでも続編が楽しみだ。


しっかし、、クレア太ったか、、?最初、わからなかったz。。。

オープニングの東京の表現は、まあいいんじゃないだろうか。
よくありがちな変なアジアテイスト、、にはなってなかったかな。


  
  


Posted by smith at 02:07Comments(0)映像作品

2010年07月30日

つばさキャット下を買ってみた



先日、ようやく発売された化物語最終巻。つばさキャット下。

ジャケットは忍ちゃん。

ドーナツと一緒に登場キャラの小物が埋まってる。




中身、こんな感じで今までと変わらず。




ピクチャーレーベル。シンプルだがキレイ。










月火とか火憐とか、、ん?、、、KISS SHOT!?の絵がある。。。

つばさキャットには出てこないはずなんだが、、、とか思ってたら、、、



”傷物語アニメ化!!”

(*´Д`*) きたああああああああ!!


他にもラノベ新作も出てくるようで。


傾物語 まよいキョンシー 2010/12

花物語 するがデビル 2011/3

囮物語 なでこメデューサ 2011/6

鬼物語 しのぶタイム 2011/9

恋物語 ひたぎエンド 2011/12


生きる理由ができました。

ひたぎエンドとか、、楽しみすぐる。


  
  


Posted by smith at 01:01Comments(0)映像作品

2010年07月29日

ブラックロックシューター



HOBBY JAPAN9月号が尼損から届いた。

今月号はブラックロックシューターのDVDが付録でついてくるのだ。




ハードケース・・・ではないが、デザインつきの紙ケース入り。
無料なんだから、こんなもんか。




ピクチャーレーベルはけっこうキレイ。




で、内容はというとパイロット版とはところどころ違う。・・・気がする。

映像はキレイ。

ストーリーはハッキリしない。

メッセージ性は感じられない。

戦闘はまあまあ。

音楽はまあまあ。

なでこ、最近大活躍だなあ。。。

キャラはかわいい。

で、このエンド、、続く・・・のか?


といった感じ。

フィギュアのクオリティが高いだけに、アニメの中身がう~ん、、、と。

悪くはない。謎というか、伏線というか、釈然としない感が多くて痛快さがないだけ。
続編があって、世界観とかがもう少し見る側に伝わるのであれば、よいのではないだろうか。


  
  


Posted by smith at 01:01Comments(0)映像作品

2010年07月25日

ノエインを見てみた



夏になると見たくなるアニメ、『ノエイン』

そういや、嫁に見せてなかったなと思いツタヤで全借りして一気通貫。

|゚Д゚) 面白いよ!


- 観測されることで、存在は確定される。

こんなテーマの中で、時空を超えた世界で、ボーイミーツガールだったり、男の友情だったり、己の信念だったり、家族愛だったり、色んな要素が溶け込んだファンタジー。


ウィキによると・・・

無限にある時空の内の一つ、この世界から見ればなり得るかもしれない、15年後の世界の中の一つ「ラクリマ時空界」は、別の時空「シャングリラ時空界」と恒常的な闘争状態にあった。地上は荒廃し、人々は地下での生活を余儀なくされている。「竜騎兵」たちは超常的な戦闘能力をもって、シャングリラから送り込まれる兵器・遊撃艇を撃破する。しかし、ラクリマの劣勢は誰の目にも明らかだった。かくして竜騎兵に、シャングリラの侵攻を防ぐ切り札「龍のトルク」の奪取が命じられる。

現代、夏。函館に住む小学6年生上乃木ハルカは、友人たちとともに残り少ない小学生生活を満喫していた。唯一の気がかりは、中学受験を母親に強いられ、ストレスで押し潰されている幼なじみ後藤ユウのこと。そんなハルカの前に、黒いマントをまとった一団が現れる。彼ら……ラクリマから転移してきた竜騎兵たちは、ハルカを「龍のトルク」と呼んで付け狙う。その1人カラスは、他ならぬユウの15年後(ラクリマ時空界で)の姿であった。



うん。厨二な感じがすごい。


でも、食わず嫌いにならずに、是非見てほしい一本。

よくある、ガキンチョが特殊な能力でヒーローになったり、軍の最新マシンに乗ってボコボコ敵を倒したりして世界を救うみたいなバカアニメではない。
できることを精一杯やるだけだ。


毎回作画が変わるといった趣向も凝らされていたり、音楽も心地よかったりと、見所は多い。
戦闘シーンなんかは劇画タッチになったりして、胸が熱くなるときもある。




オープニングのハルカの笑顔がかわいい(*´Д`*)


子供の頃夢見ていた別の世界の事だったり、未来の自分の事だったり。
世界がまだまだ大きくて、隣町に行くことさえ冒険だったあの頃を思い出すことができる作品。
大人が子供たちのために、もっとできることはあるのではないのか?と考えさせられる。


後半は難しいセリフが並ぶ事もあり大人向けではあるが、友達の大切さ。未来は無限にあるということを教えるために子供にも見せたい作品だ。




オープニングソングも、中盤からの駆け足になるテンポが心地よくて、作品を見終わった後に余韻に浸れる良作だと思う。

限界なんかは時間の果てに捨ててしまおう。ってよいな。



  
  


Posted by smith at 03:18Comments(0)映像作品

2010年07月07日

踊る大捜査線THE MOVIE3を観てみた



先週土曜日、公開初日。観てきましたよ、踊る3!






事前情報がほとんど公開されない状態だったので、実は青島とすみれさんのラブストーリー展開なんじゃないか?とか期待を持っていったら、ちょっと的ハズレ。
ドキっとする場面展開はあったけどね。

本当はもっと足や組織を使った躍動感のある捜査を見たかったのだが、、、会話が多くシリアス展開に落ち着いたのは残念だった。
そういった点では2の方が好みだ。


しかし、、、
神田署長の疲労メイクはおもろかった(*´Д`*)


総合的に、なかなか面白かったよ踊る3。


無理に新キャラのシーンを作ろうとしてるのは、前作までのメンバーファンからすればやきもきするのだろうが、それでもなかなか面白かった。


やはり、青島とすみれさんのラブストーリーとか、青島と室井の約束の行く末とか、、、そういったものを創造ではなく、映像として期待したいな。

次回作製作、、、お願いします。  


Posted by smith at 00:45Comments(0)映像作品

2010年07月03日

「つばさキャット 其ノ伍」 完成版オープニングを見てみた



先日から つばさキャット 其ノ伍 の配信が完成版オープニングに切り替わったので見てみた。










|゚Д゚) 実写版よかアニメーションの方がよいな。

(*´Д`*) この羽川、かわえー。
















と、ここまで。

ここから先は

大サービス

な描写になっている。(嫁談)

R12~R15ぐらいでもいいんじゃないかと思ったり。

なので、公式で見てみたらいいと思うよ。

<公式はコチラ>



  
  


Posted by smith at 16:42Comments(0)映像作品

2010年06月27日

踊る大捜査線ラリー開始



-踊る大捜査線 THE・MOVIE3 の公開まで残り1週間。


ということで、TVドラマ版から順に全部見ることにする。




10年前に発売されたDVD。

時間たつのはえーな。おい。

ジャッキーブラウンのジャケットをフューチャーした作りなんだよなーとか友達と話をしたのは良い思い出。




( ゚д゚) 再生できた!

アプコン使っても、なかなか厳しい画質。

ブルーレイBOXで劇的に安く販売してもらえないだろうか。。

うん、でも、内容は激しく面白いから許せる。

さて、明日も一日中見るぞ。



  
  


Posted by smith at 02:11Comments(0)映像作品

2010年06月26日

化物語 最終話 「つばさキャット 其ノ伍」 を見てみた



昨夜、23:52

-ローディングが終わらない。




昨夜、23:59

-お約束の大混雑ヽ(`Д´)ノ


-で、先ほど覗いてみたら。



キタ━━(゚∀゚)━━!!!!
















( ゚д゚) ・・・

( ゚ д ゚ ) ステキじゃないか・・・


( *´Д`) 大好きだ、化物語




化物語完結、、、寂しいzこんちくしょー

余計なレヴューはいらんね、この作品は。

面白い。としかいいようがない。



劇場版:暦ヴァンプ とか、、やってくれないかな。。

とか思っていたら、、、




(*´Д`*) ふぐおおおおおおおおっ!!!


  
  


Posted by smith at 16:17Comments(0)映像作品