洗濯機を買い替えてみた

カテゴリー │電モノ




 HITACHI
 全自動洗濯機 ビートウォッシュ
 (10kg) ダークブラウン
 BW-10TV T


を買ってみました。






先代はナショナルのヒートポンプ。

7年ほど頑張ってくれましたが、斜め型のウイークポイントである軸受けのガタツキが発生。

脱水の時にはうごががががががとかなりの騒音レベルになり、気がつけば階下の住人が引っ越していました。


改めてヒートポンプが欲しかったものの、乾燥機はセパレートで設置した方がいいよなあ、、、という事で、デザインは好みではないもののタテ型を選択。





各スイッチのデザインは思ったよりいい。




本体のカラーがシリーズの中では一番いいんじゃない?っていう理由で10kgモデルを買ってしまったわけですが、パンに対してけっこう細身。






|゚Д゚) デカイ



3人家族(先日1人増えて4人)にはオーバースペックな容量。

んでも、電気代や水道代なんてどうでもいいので、オーバースペックおいしいです。




上蓋フルオープンでがっぽりと開きます。

汚れた衣類をがんがん投げこめますね。




身長100cm、体重15kgの少年と比べるとこんな感じ。




基本操作は簡単。電源をオンしたら、センターのボタンをポチ。




勢いよく水が出て、タテ型洗濯機のあの

 ばっしゃあ!、、ばっしゃあ!! うーんうおおおん、ばっしゃあ!

って音が程よく響きます。


斜め型ドラムは少量の水でタタキ洗いするのに対し、やっぱりこの大量(といっても昔の洗濯機に比べると少量)の水でじゃぶじゃぶ洗うのは、ザ・センタクって感じがしていいですね。


値段も手ごろで、洗い上がりもタオルなんかはしっかりきれいにふんわりとなって嫁様が大変喜んでおりました。














ブラビア KDL-55W920A を買ってみた

カテゴリー │電モノ



約7年頑張ってきた X5050



機嫌が悪いとセンター付近に紫の線が入るようになったので

(パッと見は分かりません。嫁様にも必死に訴えてやっと理解してもらえました)





BRAVIA KDL-55W920A



SU-WL450

を買ってみました。


4Kが欲しかったけれども、チューナーが付いてないのと、予算の都合で今回は見送り。



早速付け替えを開始。



配線まわりも酷い状況です。




X5050はSU-WL500で壁掛けしてたので、

うおおお、、、重てえええっ!

って心が叫びながらもなんとか取り外し。

ビスを外さないといけないのを失念してて、最初外せずに焦りました。




SU-WL450を取り付けます。






パーツ名称分かりませんが、ひっかける金具は左右二つ目の位置に固定。




最大の難関である位置決め。

高さと左右バランス、水平。

どれもを満足させるのは本当に難しい。


壁に取り付ける為の木ネジなんかはキットに付属していないので、別途買う必要があります。

8×25mmぐらいのでいいんじゃなかろうか。










KDL-55W920Aの背面に、引っかけ用の金具とつっかえになる足を装着。


んで、、、



壁掛け完了!!


壁の強度さえあるなら、薄型モニターはやっぱり壁掛けがスマートでいいですね。





点灯式。

栄えある最初の映像はリアル弱虫ペダルでした。

斜めからだと、ちょっとピンクがかった色味になるけども、斜めから見ないのでどうでもいいです。




SONYロゴ部、ちょっと出っ張ってるのが気になるとこですが、とてもきれいです。




スマートリモコン。

NFC対応なんですが、正直使い辛いです。

テレビ放送見るだけならいいんだろうけど、PCモニターとゲーム用に使う為切り替えがメインになるので、キー入力が多くなりすぎて面倒くさい。




赤外線リモコン。

これをNFCにすればいいじゃねえか。。。




とりあえずアプデ。

何がどうなったかはわかりません。




ベゼル部もかなりスマートになりましたが、ブラビアは他メーカーに比べてずば抜けてかっこいいですね。(自分調べ)





機能、映像美、デザイン、他何やらかにやら、

そんなものは現行機最高峰なのでいわずもがな。

何よりゲームプレイ時の遅延が0.1フレームってことで、実際にプレイしててもストレスを感じません。

アニメと映画視聴に高パフォーマンスで答えてくれて、ゲームプレイがさっくさく。

これだけで所有する価値がある一品。


4Kモニターがもう少し価格が下がって、コンテンツが追いつくまで、とりあえずの中次ぎ用マシンとしては今買っておいて損はないと思います。


この性能でこの価格はコスパ良すぎだろう。。と安すぎる価格設定に心配になります。

いつまでもこのブランドを続けていって欲しいものです。












ブラック&デッカーの掃除機を買ってみたⅡ

カテゴリー │電モノ



BLACK&DECKER
【FLOOR FLEXI(フロアーフレキシー)】ハンディークリーナー
LITHHIUM BATTERYTECH PD1800LI


ってのを買ってみた。


約2年半程前に買った充電式掃除機からのグレードアップです。





いつの間にやら年月も使用回数も経過してて、最近充電後の持ちが悪いなーと思い新型をポチリ。





Jr.が「色が違うねえ!強いやつ?」と興奮を抑えきれていません。








勝手に開梱し、これはノズルだよ!と強制的に説明をしてきます。




デザインはカラーは違うものの、先代と変わらずコンパクトなカタツムリスタイル。






質感は悪くなく、フィルター関係も先代と同じ規格なんじゃないだろうか。






ブラシノズルと剣先ノズル(本当の名称は知りません)が付いてて、用途が広がります。








でもって、ロングノズルと、いわゆる普通の掃除機ヘッドの簡易版みたいなのが付属してるので、4歳児でも軽く床掃除をすることが可能。

これがなかなか便利。ちょっとパン粉やらお菓子のカスやら髪の毛やらを掃除したい時に重宝します。






先代は専用のアダプタをぶっ挿す充電スタイルでしたが、今回は専用ベースに置くだけ。

しかも、先代は充電完了の合図が分からなかったが、今回のものは充電中と完了がランプの合図でわかるように改善。

アメリカ人もやっとそれぐらいの事は考えるようになったっぽい。

主力のメイン掃除機だとコンセント挿したり、ゼンマイ格納したりの手間がかかるけど、この仕様でさくっと床掃除できるのは本当に便利。




こんな感じでディスプレイ兼充電ができます。

ロングノズルは軽くワンタッチで付け替えできるので、力の弱い子供でも掃除ができます。





電圧が先代の12Vから18Vにアップしてるため、かなり吸引力がパワフルです。

本来の目的が車の中の掃除な訳ですが、食べかすやら髪の毛はもちろん、靴の裏から落ちた砂利や小石までパワフルにグングン吸い込みます。

まあ、中でカリカリと回転しちゃって子傷がついちゃうので、気になる人は小石は手で取る方がいいですが。

かなり頼れるパワーな上に、リチウムイオンバッテリーを採用されてるので、途中充電にも強く、将来の耐久性も長い期待が持て、非常に満足のいく買い物でした。

日本メーカーが24Vで出してくれないかなあ、、、こうゆうの。















IXY630を買ってみた

カテゴリー │電モノ




Canon IXY(イクシー) 630
コンパクトデジタルカメラ シルバー



ドバシで15000円くらい。
(ちょっと前まで13800円だったのに、年末だからか値上げしやがりました)


最安店で11000円くらい。

まあ、サポートやら店の信頼性と好みで、結局ドバシで買っちゃうわけですが。


嫁母が

 「USJに行くから私でも使えるやつ見繕って。」

という、難易度高めのミッションを放り投げてきたので、勢いで買ってみた。


たった一回しか使わないであろう上に、カメラがデジタルになってから触った事もないという条件付き。

品質・予算・ユーザビリティ、全て満足いくやつなんて、、

l ゜д゜) ねえよwww





開梱。

SDカード以外は入ってます。あたりまえだけど。





エクスペリアZとのサイズ比較。

二回りほど小さく、携帯性、取り回しはいい感じ。














極々至ってシンプル。

Canonのロゴが縦の時に正方向になるのはどうだかなーとは思う。

それ以外、特に不満は見つからない良くも悪くも無難なデザイン。




おしり部分にバッテリーとSDスロット。




初期設定のため液晶表示。

でかくて見やすいです。




使用時のレンズ出し状態。

特に重量バランスが悪いでもなく、片手で持って撮影しても前が垂れない感じです。




デジタルズームで24倍まで対応。


ずずっとズームすると、、



こんな感じに。

なかなかの倍率だとは思うけど、やっぱりデジタルズームは荒くなるから、まあ使わないです。




夜間、蛍光灯下で白い物体をフラッシュ有で撮影。

ちょっと白抜けがある気がする。

ただ、思ったほどフラッシュの乱反射はなく、よく照っています。




フラッシュなし。

うん、いい感じ。

最近は低価格コンデジでも感度もかなり良くなって、フラッシュいらんですね。




マクロ撮影。

一応マクロ切替はあるけど、オートで勝手にピント合わせしてくれて、なかなか精度もいい。

嫁母は恐らON/OFFとシャッターを切るぐらいしかしないだろうから、ベストな選択だったと改めて思う。




赤。




黒。




BOY。


どれも及第点な仕上がり。


まあ、本当に無難な一品で悪いところは今のところ見当たらない。

まずまずの買い物だったと思います。




Canon デジタルカメラ IXY 630 光学12倍ズーム シルバー IXY630(SL)
キヤノン (2014-02-20)
売り上げランキング: 1,185


キヤノン IXY 630(パープル)
キヤノン
売り上げランキング: 184,704


キヤノン IXY 630(ピンク)
キヤノン
売り上げランキング: 138,142






デュアルショック4を非接触充電化してみた

カテゴリー │電モノ



置きらく充電 レシーバー for PS4
Qi ワイヤレス充電 SP1578 ブラック


とやらを買ってみました。

USBケーブルによるワイヤード充電が、見た目もユーザビリティも大嫌いなので、外部アタッチメントとはいえ、待望のワイヤレス化です。




簡易な箱包装の中身はレシーバーと両面テープと説明書だけ。




レシーバーはデュアルショック4のブラックとほぼ同色で質感も差異は非常に少ない感じです。






両面テープは弱粘着。付けないとガタがでそうなのでつけてみました。








なかなかのフィット感。




ちなみにレシーバーだけで21g。




デュアルショック4とあわせて236g。

と、実際に持った感じでは重たい感じはしません。




レシーバーには厚みがあるので、デュアルショック4を直置きした時のL2R2が接触しちゃう問題も解決します。

これは何気にいい仕様。




充電器はドコモのワイヤレスチャージャー03をポイントで購入。

まあ、オニギリです。




本体とシリコンカバーは黒があればよかったんですが、そもそもそんなラインナップがないので白で妥協。






置くだけでさくっと充電開始。

|゚Д゚) おおっ!!

これは楽チン。

充電器のコイル駆動音とかも特に聞こえず、静かにスマートに充電ができる環境が整いました。





PS4の隣にセットしてできあがり。



当初はレシーバーを外してプレイしようかと思っていたけど、実際はめこんでみると、中指の爪が触れるもののFPSをプレイしてもレスポンスが悪くなるでもなく、重さも気にならないので、このまま付けっ放しで使用したいと思います。


ただまあ、充電完了時に充電オフになるわけじゃなく、、、充電しっ放しだそうなので、バッテリーのヘタリは早くなるかもしれないが、、

それより先にL3が削れてもげるだろうから、買い替えるからいいやと思います。


















スチームモップ&クリーナーを買ってみた

カテゴリー │電モノ



 BLACK&DECKER
 2in1 スチームモップ&クリーナー
 FSM1210


を買ってみました。

欲しいけど欲しくないと葛藤を生むアイテムベスト10にランクインするであろう、スチームモップですね。


ショップジャパン (SHOPJAPAN) シャーク スチームクリーナー オールインワン 1023284
オークローンマーケティング
売り上げランキング: 39,651



とか、






が有名ですな。

けど、高いっ!


ってことで、手ごろな価格で効果も期待できそうなBLACK&DECKERのスチームモップを選択。




セット内容。モップの他、ハンドクリーナーとして使えるようにブラシや噴射ノズルも付いてきてます。

これで大体1万円ぐらいなので、シャークやH2Oの半額ぐらいな感じ。






3歳児でも説明書無しで直感でセット出来ます。




付属のカップで水を注ぎいれます。




パワースイッチをオン!




15秒程度で青いランプに変わり、これで準備完了です。




モード切替が可能で、ビニールフロア⇒フローリング⇒石材と3種調整可能。




取りあえず子供部屋にもっぴんぐ。




ぴっかああああああっ!!


まあ、蒸気で湿るのできれいな感じにはなりますわな。


で、1~2分程置くと




サラっと乾きます。

|゚Д゚) おおお・・・

なっかなかキレイです。

嫁様も満足気にニヤニヤしてました。

自分は見てただけなのに(゚Д゚)

とか、言いません。





メインユニットは簡単に取り外して、ハンディクリーナーとして使う事も出来ます。




ぷしゃあああっって蒸気を噴出させるノズル。




こうゆう水回りの水垢なんかは簡単に吹き飛ばせます。




試しに水垢汚れまくりの洗面器で試したところ、、、

|゚Д゚) (きったねえええ・・・




|゚Д゚) うおおおお

めっさキレイになりました。


シャークやH2Oじゃなくても、必要十分な効果を出すことができたので、非常に満足な買い物でした。


ただまあ、一点だけ難点があって、




ハンドクリーナー使用する時に、トリガーを握りっぱなしにしないといけない!

|゚Д゚) あほかぼけえっ!!

って、本当にイライラする仕様です。

ロックぐらいつけろや。と。

仕方ないので、嫁様に押さえてもらうか、テープで固定するという不細工な使い方を強いられることに。

そのうち専用のクリップをDIYしてやろうと思います。


BLACK&DECKER 2in1 スチームモップ&クリーナー FSM1210
Black & Decker (2013-04-20)
売り上げランキング: 11,007














USB扇風機を買ってみた

カテゴリー │電モノ



 Arctic Cooling
 モバイルUSBファン
 92mm
 静音設計 ZAF-BZM



来たる総火演用に買ってみた。

去年は総火演当選後に買おうと思ったら売り切れてて買えなかったやつです。







本体全体でこんなもん。

フレキシブルアーム仕様。

曲がるけど、伸びはしません。




羽は確かに92mmぐらい。


去年買った

USB扇風機を買ってみた


こいつに比べると羽の大きさ自体は小さいが、羽の枚数は多い。






早速ダンボーバッテリーに挿しこんでまわしてみる。

期待通りの携帯扇風機に早変わり。

扇風機自体にON/OFFはないので、バッテリー側の給電ボタンを押して起動する感じ。

ただし、このバッテリーだとOFFできません!

扇風機を抜いて一定期間放置すれば自動的にバッテリー給電が終了するのでそれを待つしかない。

まあ、使わないときは抜けばいいだけです。




2.1Aでも1.0Aでも風力は変わらず。

USB差込部は少し甘いのでグラグラするけど、逆さにしても勝手に抜け落ちたりはしません。






肝心の風力は、まあ5Vなんで期待しちゃだめだけど、我が家のBOYが「すっずしいねえwww」と喜んでおりました。

まあ、確かに、けっこう涼しいです。

ケーブルタイプのUSB扇風機と違って、携帯性と利便性も高く、非常に満足できる。

団扇で扇ぐ事を考えれば、モバイルバッテリーで扇風機回す方が断然楽で涼しいので、なかなかいい買い物でした。



Arctic Cooling モバイルUSBファン 92mm静音設計 ZAF-BZM
Arctic Cooling (2011-06-21)
売り上げランキング: 437









OBD2 車速連動 オートドアロックシステムを買ってみた

カテゴリー │電モノ



 トヨタ車汎用
 OBD2 車速連動オート ドアロック システム
 OBDDL-FJ02


を買ってみた。

車のドアロックを自動化できる便利リレーです。

車速が15~20kmぐらいで自動ロック。
パーキングに入れるとアンロック。

するっていう、ドライバー堕落推奨システム。


ある程度の高級車?には標準装備されてるけど、大衆車はオプション機能な訳で。
WISH20系の場合、ディーラー販売品だと1万円程するが、市販品買えば3000円台。

取り付けもくっそ簡単なので、ぜーったい自分で買って付けた方がいい代物。








|゚Д゚) すっげえ!ちゃっちいっ!!

これで3000円もすんのかよ!って思うぐらい、見た目はちゃちいです。

かといって、自作するよりは動作実績のある完成品を買った方が楽。



取り付け方は、、、



OBD2のデータリンクコネクターに挿すだけです。

ほとんどの車がドライバーシート側、ステアリングの下の方にだいたいあると思う。

工具不要。コネクターの場所さえ分かれば、子供でもできる。




取り付け後。

通常、コネクターは剥き出しなので、カバーができて精神衛生上もよろしいです。



で、早速動作検証。

アクセルを踏み込み、ぶおおおっ、、、速度15km程で、、バンッ!とロックがかかりました。

続いて、パーキングに入れてみると、入れた瞬間 ジャコン!とアンロック。

あまりの反応の良さに嫁様も (゚Д゚)おおおっ、、、

と、感心してました。


今まで手動でロック・アンロックしてた人は最初は慣れてないので、ついつい自分でロックしちゃいます。

それはそれでいいと思うし、もしロックし忘れても走り出したら自動ロックするだけなので、

特に子供を乗せる車なんかは安全の為の保険だと思えば、けっこう安い買い物なんじゃないだろうか。

パーキングでロック解除が嫌ならキーオフでアンロックするモデルもあるので、好みに合わせればいい。

車を買い替えても、同メーカーなら使いまわしできる可能性も高いし、いい買い物でした。













DLC-177Rを真面目に直してみた

カテゴリー │電モノ



ALPINE DLC-177R

ズボスバスバス、、、とノイズが酷くなって聴くに耐えなくなってしまったので、本気修理することにしました。

本気修理といっても、素人のえいっ!やーっ!です。

壊れたら新しいの買えばいいや。っていう予算と気持ちがないとやらないほうがいいですが。




まず、分解。

適当なマイナスドライバーでコーンの周りの接着をぶりっと外す。

ちょっと浮かせれば、あとは手で剥がせます。




分解。というか無理やり外しました。

茶色いコーン?のところは接着を剥がすとか、そんな生易しいことは出来なかったので、周囲を無理やりカットしました。

もう、後戻りできません。




んで、ノイズの原因はコレ。

ボビンとポールピースの隙間に詰まった、錆やら鉄粉やら塗料欠片。

これが振動を阻害してしまうわけです。たぶん!!


で、パーツクリーナーを流し込みながら、細い精密ドライバーやら、厚紙やらを無理やりざしゅざしゅと隙間に突っ込んでゴミを搔き出すと、、、



出てきました。ゴミが。




マグネットのおかげで、なかなか搔き出せないので、根気との勝負。

かれこれ数十分掃除して、なんとかゴミがでなくなりました。






コニシのGクリアーで無理やり茶色いコーンの周囲と、黒いコーンの周囲を接着し見た目は元に戻りました。

なかなか酷い仕事なので、んあー、、、だめだろうな、、、と思いつつも、とりあえず2日間ほど接着が硬化するのを待ってから、装着。鳴らしてみると、、、


ズンズンズンッ!!!


|゚Д゚) !

|゚Д゚) うおっ!!直った!!


低音とキレが確実に直ってクリアですっきりした音色になりました。

今回片方しか直してないが、ノイズの出ていないもう片方よりもいい音になった感じで、これは大成功じゃね。と思ってみたり。

でも、奇跡的に直ったってこともあるだろうから、もう片方はノイズがでるまでは放っておこうと思います。


おすすめはしないが、どうせ捨てるならやってみたらいいんじゃないだろうか、スピーカー洗浄。

んでもまあ、もう7年も使ったので、そろそろ新しいのが欲しい。

DLX-F177を手に入れる努力をしよう。。。





ALPINE(アルパイン) セパレート2Wayスピーカー DLX-F177
ALPINE(アルパイン)
売り上げランキング: 14,000









アンテナを増設してみた

カテゴリー │電モノ




先日装着したシャークアンテナだけだと、外部アンテナ入力が1ヶ所余って精神衛生上よくないのでロッドアンテナを追加購入してみました。




L字のMCX端子。一応ブースター付きのスタンダードなやつを。




ロッド長は約18㎝。

ガラス面固定用の吸盤が付いてますが、不要なのでカッターで除去しました。




ブースターは一応電源が必要なので、いつもの分岐配線を別途用意。







前回のシャークアンテナ取り付け後、メインナビのGPSが位置の認識をしないっていうエラーが発生したので、念のためノイズ対策として鉛テープでブースターユニットを覆います。

GPSエラーは別原因かもしれないが、今まで一度もエラーが発生しなかったのに、アンテナ取り付け後すぐに発生したので、たぶんこれなんだよなー、、、っていう感じぐらいです。

追加のロッドアンテナと、シャークアンテナと、どちらのブースター部も鉛で対策。




んで、いざ取り付けの時に気が付いた。

|゚Д゚) ケーブル短かっ!!


電源を助手席下で取るとして、MCXケーブルが短すぎて、全くナビまで届きません。

おかしいだろ、この設計。。。




んで、不本意ながら追加ケーブル購入。




で、こいつがまた厄介で、ユピテルのナビにはそのままだと端子部分が短すぎて刺さりません。

とりあえず、手元のナイフで端子の周りの被服を削り取ったところ、気持ちよく刺さりました。





アンテナはフロントガラスのバックミラーの奥側に両面で貼り付け。

視界の邪魔にもならず、受信安定感も増した?ような感じ。

無いよりましかな?ってぐらいですが、やれることはやったった感があるので良しとしよう。











シャークアンテナを取り付けてみた

カテゴリー │電モノ



 SK VISION(エスケービジョン)
 ブースター内蔵デジタルTVアンテナ
 シャークアンテナ LEDプレミアムMCX
 SKV-3300MCX MCX


とかいうのを買ってみた。


YPF768siの内蔵アンテナだけじゃ、どうもフルセグ率が低いのと、受信安定しない。

外付けアンテナが欲しかったのと、WISHの波平アンテナが以前から気に入らなかったので、

どちらも解決してくれる素敵な一品に出会ったわけです。

しかも3000円台で買えるというところがすばらしい。

ダメでも諦めがつく値段範囲内だ。




カラー6種と端子がSMAとMCX2種の計12種ラインナップ。

今回はMCXのパールを選択。




開梱。

まあまあ丁寧に梱包されてる、、、んじゃね?




その中はざくっと入れられてるだけでした。






|゚Д゚) おおっ!いいじゃないか!!

少々子傷があったが、なかなかいい質感。パールの感じもちょっと弱いが、、まあ悪くない。

いわゆる及第点だ。

ちなみに、後ろ側には導通中に光るLEDもついてます。




裏面。固定用の磁石部は丸いところ2ヶ所。






付属コード類。

電源を取れば、ブースター機能も発揮する仕様。




ちなみにこのアイテム、ググるとマグネットを固定してるネジの頭が錆びるっていう意見が多かった。

たしかにそんな感じなので、タッチアップ用のクレヨンでなんちゃってコーティング。

たぶん、大丈夫だろう。




周囲のネジも気になるので、付属の両面シートを張り付け。








サイズはおおよそ、長辺14㎝。幅7cm。高さ7cm。


んで、電源取るケーブルにギボシつけて準備して、、、






取り換え開始。




取りあえず波平アンテナ取っ払うために天井内貼りを剥がします。

後部の留め具三ケ所を外して、、、




パカッ。

あった、これだ。

|゚Д゚)(あー、、やっべ、天井にシワついちゃった、、、

後の祭ですが、このやり方だと、天井に折れシワが出ちゃうので、自然に目立たなくなるまで、かなり精神衛生上悪いです。






ナット外すだけで、とりあえず固定は外れます。

持ち上げる時に天井裏に手を突っ込んで爪を抑えないと抜けないので、ここでまた天井のシワが酷いことになります。




樹脂カバー部を取っ払うと、何やらサーキットが。

んでこれ、アンテナケーブルがはんだで付いてるので、、、

|゚Д゚) 外れねえ!!

イリュージョンでもしない限り、抜けません。

たぶん、ケーブルのどこかを外して、上から抜けばいいんだろうけど、それらしきとこが見当たらなかったので、適当なところをニッパーでカットしてしまいました。




さて、シャークアンテナを取り付け開始。

|゚Д゚) ・・・!!

|゚Д゚) スキマがある!!


一応ゴムパッキン的なのはあるとはいえ、この隙間だと、雨が降ったらちょっと入ってきそうです。




開口部が大きいので、とりあえず手元にあったビニテで仮埋め。

これでもいけるとは思うけど、後ほどちゃんとコーキングしようと思う。




中に這わせたケーブルは道具収納あたりから取り出し。






なかなかカオスな配線になってきたけど、エイッヤーッ!!っとアースとプラスを取りまして、、




スイッチオン!!

|゚Д゚) ・・・?

効果が分からねえ!!!


確認した場所が悪かったのか、ワンセグにしかならなかったので、何とも言えない。

今後走って検証でごわす。




まあ、ちゃんと映るし、導通もされてるので、一応作業完了ということで。






波平から背ビレへ。

なかなかシャープになって気持ちいい。

箱型ミニバンには全く似合わないシャークアンテナだが、ウィッシュは似合うのう、、、と個人的には思う。

次回のマイナーチェンジではデフォでシャークかドルフィンつけてほしいのう。






SK11 ガレージツールセット ETS-45G
SK11(エスケー11)
売り上げランキング: 40



















拡声器とマイクを買ってみた

カテゴリー │電モノ



でかい箱が届きました。

マンションの管理組合で利用する拡声器とマイクを買ってみたわけです。








まずはマイク。

 ユニペックス
 WM-3400 ワイヤレスマイク


22,500円也!

|゚Д゚) たっけぇっ!!

それでも安く買えた方で、平均は3万4000円くらい。

まあ、自腹じゃないからいいんだけども。




至って普通のマイクで、色はグレー系。




電池は単三×1本使用。

坊滴仕様であり防水ではないので、注意。




スタンドは付属してないが、スタンドジョイントパーツは付属してる。






続いて、拡声器。

 ユニペックス
 TWB-300 ワイヤレスメガホン


56,800円也


|゚Д゚) ぐぬぬ。

高いのか安いのかよく分からねえ。




ワイヤレス仕様なのでアンテナ付いてます。

選挙活動やなんかでも使われる、割と本格仕様です。




定格出力 30W
最大出力 45W

の高出力。

電池抜きの本体のみで重量4.1kg。

まあ、一般的な成人なら男女問わず持てる重さ。




ボリューム調整やらは、簡単且つ直感的なダイヤル操作。




背部はこんなんなってます。






|゚Д゚) ワイヤードマイク付いてるじゃん。

予算ないならワイヤレスマイク買わなくてもええかもしれんですね。




電池は単一×8本(別売)

連続で22時間ほど使用できる模様。

別売のアダプタを買えば家庭コンセントからの給電もできるけども、まあ電池で使う事が多いだろうと思う。



個人で所有する機会はなかなかないだろうけど、ちょっと弄れて楽しかった。
















リアカメラとモニターを取り付けてみた

カテゴリー │あなざー電モノ



ザ・中華製カメラ

A0119N

とかいう、まあなんとも中華なやつを買ってみました。









カメラ本体と電源取るためのケーブルと、モニターまでのケーブルがセットでついとります。

取り付けはビス止めか、適当な両面テープでいける感じ。

アーレンキーがあれば角度調整も可能。





それと液晶王国の4.3インチオンダッシュモニターも購入。

この手の4.3インチモニターはOEMで色々あるけど、液晶王国が安心かな。と。




本体から電源ケーブルと外部入力用の端子が出ております。

これでカメラとモニターは揃ったわけだが、シガーソケットプラグが付いてたりするわけじゃないので、ちょっと手を加えないと取り付けは出来ません。




日よけカバーも付いてるが、激しくダサイので要らない。




でも取っ払っちゃうと、サイドに溝が見えちゃので、その辺はトレードオフ。




背面はコントラストやらなんやらを調整するボタン。

親切な説明書なんてものはないので、取り付け後に実際に触ってみて自分の感覚で調整することになります。




重量は135g。軽い。めっさ軽い。




さて、取り付け前に準備を。




今回のカメラですが、電源ケーブルはあるものの、モニターへの映像出力の端子の傍に電源+を取れるケーブルが飛び出てます。

バックランプから電源を取らずに、常時モニター表示するつもりなので、これは不要。ビニテ巻いて絶縁しちゃいます。




これがそのモニター出力用の端子と、電源+。










|゚Д゚) ふう、、、

線が細いので折り曲げるなり、はんだで上手い事つけるなり、圧着をうまくするなり工夫が必要です。




それと、ヒューズボックスから電源を分岐させて取る予定なので、エーモンのコレが必要です。

これ、、、買うんじゃなくて、次回は自分で作ろうと思う。




さて、いきなりですがWISH20系に取り付けです。

外のガーニッシュ部に取り付けるのが純正位置ですが、面倒くさいのとガーニッシュに切り込み入れるのが嫌だったので、この位置に両面テープで取り付け。

電熱線が1本映りこんじゃうけど、我慢です。




ケーブルはダラーンと。。。

後ほどケーブルカバー取り付けて、それなりにしますが、まず映るかどうかわからんので仮みたいなもんです。




モニターは助手席の前方上部。ミラーの左側。

もうこれ、電源をヒューズボックスのACCから取って一発OKで映ってる状態です。

|゚Д゚) うおお、、安物のくせにキレイじゃねえか!!

驚くほどのコスパ。

糞高い純正やらカロのを買わなくてよかったって本当に思う。




2列目から見るとこんな感じに。

少し斜めってるように見えるけども、運転する時の視点に合わせてます。




リアカメラはちょろっとポコってるけど、全く邪魔にはならないレベル。



でまあ、総評としては、、、

|゚Д゚) すげえ、いい。

うちの奥様からもお褒めのお言葉を頂きました。

これで死角が大幅に減り、夜間でも視認できる。

若干のタイムラグがあるので、あくまで死角確認と、バック駐車の際の調整用ですが、車止めの有無確認や、スーパーなんかでは台車やカートの有無が確認できて、なかなか安全性が広がりました。







4.3インチ オンダッシュモニター
液晶王国
売り上げランキング: 4,022



エーモン M259 Y型接続端子 ギボシ端子用
エーモン工業(amonkogyo) (2012-05-09)
売り上げランキング: 251








ソニータブレットS1の無償修理をしてもらった

カテゴリー │電モノ



SGPT111JP を修理してもらいました。


半年前に液晶の端っこに気泡ができちゃったんだけど、まあ子供の動画とようつべ専用機になってたので放置しとりましたが、

つい最近フリーズ後に起動しなくなっちゃいました。

起動しないというか、音だけでてタッチは反応しないわ、絵はみれないわで、リセットさえもうまくいかない状態になりました。


んで、新しいの買おうかなとも思ったんだけど、3年保障期間内なのでダメ元で修理依頼したら、無料でパーツ交換されて戻ってきました。

明細みてみると、まああれやこれや交換されとりまして、なかなか手厚い対応に益々SONYへの信仰心がアップした次第です。




んでもまあ、フィルムの張り替えはしてもらえなかったわけで、、、




新しいのを買ってみました。

捨て売りされてて200円以内で買えちゃいます。




ゴミをぺったこぺったこと取りながら、約10分ほどで貼り付け完了。

タブレットは面積が大きい分面倒クサイです。




当たり前ですが、パーツ諸々の交換で正常稼働。

液晶パネルのロットの違いなのか、色合いが以前と比べ若干浅くなった気もするが、まあいいや。


とわいえ、タブレットZ2が欲しいので、S1は子供の動画専用機から変わることはない。




ソニー Xperia Tablet Z WiFi SGP312メモリ32GB ブラック
ソニー(SONY) (2013-04-13)
売り上げランキング: 1,483


ソニー Xperia Tablet WiFi Sシリーズ SGPT122 メモリ32GB SGPT122JP/S
ソニー(SONY) (2012-09-15)
売り上げランキング: 25,983








k270を買ってみた

カテゴリー │電モノ





 Logicool
 ワイヤレスキーボード K270



ジョブチェンジしたので、職場用に購入です。

予算はないけど、嫁様にすまぬすまぬと謝りながらポチリです。


これの推しは、、、

とにかく安いのにそこそこのデキ!

というところ。

実売で1400円程度です。

それなのにロジクールというブランド、なかなか小気味よいキータッチ。

そして電池2本で24か月寿命。

なにより、この価格でUnifying対応のワイヤレスキーボード!

いやあ、コスパ最高。




|゚Д゚) おおっ!後期型キター!

この製品、型番変更なしでマイナーモデルチェンジしとりまして、この箱のデザインは後期になります。

大差はないけど、新しいロットのほうが気持ちがいい。

そんな感じです。




箱からズルリと出してみると、パッケージとは上下逆に入ってました。

こういうとこちゃんと上下揃えてくれたら気持ちいいのに。

日本人の気質分かってねえな、、、




パッケージデザインは前期型なので、比べてみるとロジクールのロゴのフォントサイズが違ったり、




▲の位置が違ったり、




スペースキーが少し幅広になったりしてます。

スペースキーはこの後期サイズがちょーどええかも。




裏面どーん。

やっすい白色です。




傾斜つけるスタンド付き。

恐らく、折れます。

ロジクールは高額機買っても、このスタンド部分よく折れるんだよな。

学習しろよってまじ思う。

んまあ、そんなに無茶しなきゃ折れないしぐらつきもさほどないけど、、、やはり不意に折れちゃうんだろうなあ。






Unifyingレシーバーは箱をちゃんと開けば中央にこそっと入ってます。

横からキーボードを引っ張り出しただけだと、あれ?どこにレシーバーあんのよ?別売?え?

ってなるので注意。

Unifyingレシーバー単品で1050円程なので、正直なとこレシーバー単品で買うぐらいなら、キーボード買う方がお得だと思う。

キーボード、差額で考えたら350円とか、、、安すぎ。




電池は単4×2本です。

モニターバッテリーが2本付いてます。

エネループも使用可能なのでgood!




デザインはシンプル。

でも、PC買った時についてくるデフォルトのキーボードなんかに比べると、多少の高級感はあり、いいんでないかと思う。

デフォルトのキーボード、キーの山が高すぎるのと、がちゃこがちゃこ押した感じが大っ嫌いなので、できる限りノートタッチに近いながらも浅過ぎない、この感じのキーボードが好み。




愛用のワイヤレスエンターテイメントキーボード7000と比べると、ほぼ同サイズ。

大きすぎず小さすぎず、テンキーもついてて、これは使い勝手がいい。




電池込みで重量は503g。

軽い。かなり軽い。



オマケ。



裏面にUnifyingレシーバーをセッティングできるので、家から職場にもって行く時とかにすんげー便利。



以上、総評としては

この値段では、

文句なしのキーボードです。



LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
ロジクール (2011-04-28)
売り上げランキング: 14








YPF768siを買ってみた

カテゴリー │電モノ



 ユピテル
 YPF768si





車載テレビをT-01Cで賄っていたけども、そろそろフルセグにしたくて。

チューナー内蔵の7インチモニターがなかなか無くて、ナビ機能が邪魔だけど本機に決定。






B-CASカードは小さいやつです。




マイナーチェンジ?モデルの YPF778si とも悩んだけども、ピアノブラック調のベゼルがキレイだったので768siにしてみました。

期待してた程の高級感はないものの、778siのプラスティックグレーよりはいい仕上がり。

ちなみに、778はmp4。768はWMV対応ってこと以外に機能面での違いはない。と思う。




本体の厚みはメモリースティックアダプタとほぼ同じ。

これでチューナー内蔵って、なかなか頑張ってるな。




背面には別売のフィルムアンテナを接続するところがある。




右側。




上部。

テレビをオンにするスイッチと電源スイッチがある。




左側。

B-CASはここにぶっさす。




下部。

別売のクレードルと接続するための端子が見える。




正面。

ノングレアパネルなのでさらっとしてる。






内蔵の地デジアンテナを出してみた。

折り曲げたい、、、






|゚Д゚) 折り曲げれた!


割と自由に動くので、後方に折り曲げれば正面からは見えない。

ちなみに、車載時も真ん中に設置すれば運転席からアンテナが目に入る事はない。

気にならないので精神衛生上の問題はクリアできそう。






残りの付属品。

スタンドやら電源プラグコードやら。




スタンド装着!

けっこうしっかりしたスタンド。

ダッシュボード装着を前提としてるので、スペースがない車にはDIYして取り付けないといけないかも。







付属の電源コードは、、、

残念ながら右側に取り付けるので、出っ張ってしまいます。

これ、嫌いなんだよな、、、


ユピテル クレードル単体YUPITERU OP-C2
ユピテル
売り上げランキング: 124,328



これか、





このクレードルを使えば、クレードルにUSBを繋げる形になるので、デフォの電源は必要なくなる。

欲しい。。。


と、物欲はあるけど予算がないので、デフォの電源コードで我慢することに。


早速取り付け。




|゚Д゚) できた!!

ウィッシュの20系はフラットなところが少なすぎて、本当に後付機器の配置が大変。




インダッシュのナビと同じ7インチなので、なんちゃってDSみたい。




今までワンセグ垂れ流しさせてたT-01Cは、テザリングを利用しえて、時計と天気予報とニュースフィードを垂れ流すガジェットとして再利用。




ちなみに、最初はこんな配置にしたんだけど、フロントガラスに映りこんでヘッドアップディスプレイみたいになってしまい、走りにくいのなんの。。。




で、今回の配置で問題はクリア。


肝心のテレビの映りは必要十分。

内蔵アンテナだけでも、フルセグの受信は十分できる。

といっても、市街地だとフルセグとワンセグが半々ぐらい。といった感じ。

まあ、運転中は見るわけでもないので気にならないが。


尚、起動時に 同乗者モード っていうボタンを選択すれば、運転中でもずーっと垂れ流す事ができるので結構便利。

ただし、この同乗者モードを押す作業が手間。。

解除できねえかなあ、、、、



これで、ナビ2台。テレビ1台。エクスペリアのクレードル1台。時計モニター。ドライブレコーダー2台。レーダー探知機1台。電圧計。

と、インターフェイスが揃ってきた。

後は、モニター3枚を追加してリアと左右にカメラを繋げば完成予定。

今の車乗ってる間にそこまでいけるかな。。。










腕時計の電池交換をしてみた

カテゴリー │電モノ





ものっそい中華臭満点の腕時計3点支持オープナーを買ってみました。








万力とオープナーハンドルとピンが色々セットで1000円を切ります。

電池代合わせても時計屋に依頼するより安いです。








調整用ダイヤルから油が浮いてたり、錆出てたりと、なかなかの中華クオリティ。

安いのはいいんだけど、本当あの国は仕事が雑だ。嫌気がさす。




今回電池交換をするウェンガー青島モデル。




いわゆるスクリューバックっていう留め方なので、3点支持のオープナーがないと開けれません。

ラジオペンチなんかで2点を挟んで無理やり開けようとすると、大抵滑ってゴジッと擦っちゃったりします。
※経験済み




本当は皮かなんかをかませたほうがいいんですが。

けっこう使い込んだ時計なので、多少の傷はどうでもよく、さくっと万力に固定。




幅を調整し、ピンを溝に当てて、反時計回り回す。




上手に開きましたーっ!




前回の電池交換はドバシでサービスポイント使ってお願いしたんですが、防水用のパッキンが挟み込まれてひん曲がっていました。

テキトーなことしやがって、、、と、思いながらも、まあ自分で直す楽しみができたからいいやと。




何回か電池交換をしてるので、デフォルトの電池ではないですが適合品番はSR936SW。

かなり小型のやつで、腕時計にはけっこう使われてるくせに、なかなか家電量販店やホームセンターではお目にかかれない憎いやつです。

急ぐなら、探し回るよりアマゾンで買った方が早いくらいかも。


んでま、なんとか手に入れてはめ込んで電池交換終了。


オープナーは一度手に入れればずっと使いまわせるので、腕時計が好きなんじゃなくて腕時計を弄るのが好きな人は持っておくべき一品ではないだろうか。











SWE-1500を買ってみた

カテゴリー │電モノ



 ALPINE(アルパイン)
 17cm ボックス型 パワードサブウーハー
 SWE-1500



を買ってみました。

ライト~ミドルユーザーにはもっぱら評判の良いサブウーファーです。

コスパ良し。デザインよし。




開梱。

けっこうしっかりと納められており、イイ。




上段に本体。下段にはアンプやコード類がうまく納められてます。




内容品はこんな感じ。






本体のデザイン、質感はかなりいいです。

好みの問題はあるだろうが、コンパクトで且つメタル感もあって、プラの安っぽさなんかはない。




下部の隙間からコーンが見えます。

手が少し入るので、鳴らした時に振動してるかどうか確かめることも可能。




裏面は鉄板のフラットな作りになってます。




コントローラーとアンプ。

アンプは小さいです。

ま、こんなもんでしょう。




コントローラー。

簡単にいうと、ボリュームとローパスフィルターと音質が弄れます。




短いと噂のバッ直ケーブルです。

まあ、確かに短いがWISHの助手席までは十分です。ラゲッジスペースまでは届きません。




説明書は公式でDLできるものと同じ。




固定用の器具は梱包材に組み込まれてます。






本当はナビやデッキからPIN入力で音源を取るのがベストなんですが、自分のナビにはない。。。

ハイエンドのくせに音楽周りは弱いナビはだめですお。

なので、スピーカーに割り込ませてとるためのケーブルも付属してます。

すでに分岐されておりギボシも付けられている、追加でギボシや工具を買ってDIYの必要はありません。




王子が、なにこれーと興味をもちだしたので、壊される前に片付けないと。。。

大きさはVitaや3歳児の足に比べるとこんなもんです。

重量は3.7kg。

ずしっと重いです。

オーディオ周りを弄り始めると、スピーカーの取り換えや追加、デッドニングでいい加減重量がかさむのに、そこにサブウーファーの重量をオン。

なんだかんだで20数キロは増えてしまいます。

少しでも燃費を気にする人はやらないほうがええですね。



翌日



取り付け開始。

バッ直からです。

まずはバッテリーのマイナスを外して絶縁。

何度やっても、この瞬間はドキドキします。




WISHの20系はここから車内に引き込みます。

乳首みたいなところをちぎって車内に引き込むのがベターなんですが、残念ながらWISH20系はそれができません。

頑張ればできるかもしれないですが、自分はむりぽでした。

で、無理やり隙間を作り引き込み。




助手席の真下までもってきました。




次はスピーカーから音源割り込みです。

先日追加したリアスピーカーから取りました。




面倒くさいのでドアの真ん中あたりからピラーまで無理やりケーブルを這わしました。

本当はダメなんでしょうが、ま、消耗品だし断線しても取り換えもそんなに難しくないので目をつぶろうと思う。

一応コルゲートチューブを付けたうえで挟み込んでます。




イルミネーション用ACC電源はヒューズボックスから取り、アースも取り付けて、、、ケーブルの用意が終わり。




アンプに接続。

ぶっつけ本番でやったので、ちゃんと鳴るのか、、、そもそも、ショートしたらどないしよ、、、とか不安だけを胸に抱き、、、

エンジン、オン!!




|゚Д゚) できた!!

一発OKです。

心配してたショートからの車両火災もなく、無事完了です。




エンジンルームの配線はコルゲートチューブで保護。



さて、肝心の音は、

|゚Д゚) 割といい!!

ボリュームを上げて、音質をTIGHTにすれば、なかなかデュンデュン鳴ります。

あくまでサブウーファーなので、音楽の質があがるわけではないですが、通常のスピーカーでは表現できない低音をしっかり補ってくれて、なにより運転が楽しくなります。

が、、、うちのナビにはEUPHONYっていう音響システムが入ってまして、これが家族共々好みなんですが、、、

これをオンにするとヴォーカルははっきりくっきり。中音域も元気よく、低音は小気味よく鳴ってくれるんですが、、、残念ながらSWE-1500との相性は悪く、オフ状態の半分くらいのパフォーマンスになってしまいます。

最初、あれ?音出てないんじゃね?とか思っちゃいました。

EUPHONYが付いてる人はSWE-1500のボリュームは最大にしないと物足りないかもしれません。

まあ、それでも心地よく低音を加えてくれる本機は満足の一品でした。


ALPINE(アルパイン) 17cm ボックス型 パワードサブウーハー SWE-1500
ALPINE(アルパイン) (2009-04-06)
売り上げランキング: 2,326


ALPINE(アルパイン) 17cmセパレート2ウェイスピーカー DDL-R170S
ALPINE(アルパイン) (2012-10-11)
売り上げランキング: 151






車載スピーカーのコーンを手直ししてみた

カテゴリー │電モノ



ALPINE DLC-177R

っていう、8年ほど前に嫁様に買ってもらったセパレートスピーカー。

半年ほど前から左のスピーカーからの低音がボスボスと変なノイズ混じりになっていて、やっと重い腰をあげて確認することに。





|゚Д゚)!!

|゚Д゚) ヒビ、、、だ、、と!?


コーンにヒビが入ってました。


念のため左右を入れ替えて音を鳴らしてみると、右(元左)からボスボス音が。

ほぼ間違いなくスピーカーの問題ということで、この目に見えるヒビをなんとかしようと検討。


リアフレに相談したところ、マニキュアのトップコートを塗るんだというフラグが立ったものの、残念ながらトップコートがない。


んで、ぐぐった結果



これを使うことに決定。

コニシのGクリアー。ホムセンならどこでも売ってる硬化後も柔軟なタイプのボンドです。

空気と反応して硬化するタイプなので張り合わせなくてもOK。

眉唾もんだけど、ダメ元で。

うまくいかなかったら新しいの買えばいいし。

本当は、嫁様に買ってもらった愛着あるスピーカーなので買い替えは控えたいが、物欲がちょっと優勢。




こんな感じでヒビ割れ周辺にボンドをコーティング。

ヒビといっても破れてる程ではなくて、盛り上がってるところをコーティングして滑らかにするイメージです。



んで、、、ある程度乾かして


鳴らしてみたところ、、


改善!!


まさか、この程度でいいとは、、、

ボスボス音が消えて、元々響いてたそれなりの低音が出るようになり、中音・高音域もしっかり出るようになりました。

ノーダメージの反対側と聞き比べると、少しだけ音圧が低く感じるが、それにしてもトータルで改善が感じられたのでよしとする。

ま、次なんかあれば買い替えよう。



ALPINE(アルパイン) セパレート・2 ウェイ・スピーカーシステム DLX-F17S
ALPINE(アルパイン) (2008-04-15)
売り上げランキング: 6,032








オートゲージ 電圧計を買ってみた

カテゴリー │電モノ



 オートゲージ
 PK 60Φ 電圧計 ブルー
 (AGP6B-VOM)



ってのを買ってみました。

電装品が増え、バッテリーも2年ほどになるし、間もなくサブウーファーも追加する予定なので、
アクセも兼ねて。

本当はDefiのが欲しかったんですが、たかだかテスターに諭吉出してらんないので。




中身は本体とケーブル、その他オートゲージ製品に電力を経由できる増設用ケーブル、設置用スタンド、あとステッカー(いらねえ、、、)




販売店サービスみたいな感じでフードも付いてました。




取説も日本語翻訳されたものが付属。

モノは台湾製なんですが、とんでも翻訳ではなくて、ちゃんと日本語してます。

まあWEBにPDF転がってるので無くても困りません。






本体は規格上は60Φとなってますが、外枠込だと実際は65mmぐらい。

ちなみに、ゲージのカバー部(ガラスじゃなくてプラ素材です。)に少し子傷がついてました。

まあ、値段なりっちゃ値段なり。

交換依頼も考えましたが、まあ交換しても似たような程度の物が来そうなのと、待つ時間ももったいないので今回は我慢。

実際、取り付けた後は気になりません。




奥行は35mm。




専用スタンドにくっ付けると48mm程になります。






スタンドは両面テープではっつけるタイプのよくあるアレです。

設置高は78mm程。

うーん、、、デカイかな、、、

プラ素材なので、ちゃっちいです。




電源ケーブルは4mm程。

どこかに挟み込む形で配線を這わしたい人にはちょっと大きく感じます。




本体裏はこんな感じ。

電源入力端子が左右二か所。

センターは増設ケーブル用端子。

センター下が、別途センサー用ですが、今回は全く使いません。

左右にナットが付いていて、自分で工夫してステーなんかをかませれば、固定する時に利用できます。




どーん。


車に取り付ける前に、下ごしらえが必要です。

電源はバッ直推奨のアイテムなので、バッ直ケーブルを用意すればいいんですが、、、

今回は車内のヒューズボックスの常時電源を利用する事にしたので(これでも計測できるし)、ヒューズボックス用のフリータイプヒューズ電源(エーモン工業)とケーブル、あと接続用の圧着端子と熱収縮チューブのセットやらを用意しました。

フリータイプヒューズ電源はACCとイルミからも電源を出そうと思い3つ用意。

ケーブルは4色あればいいんですが、面倒くさいのと予算不足により赤黒2色で手抜き。


エーモン 2837 フリータイプヒューズ電源(低背)
エーモン工業(amonkogyo) (2012-05-09)
売り上げランキング: 919


WISHは低背ヒューズです。


エーモン E536 配線コード 黒・AV0.5sq-5m
エーモン工業(amonkogyo) (2012-05-09)
売り上げランキング: 283



エーモン 1168 圧着接続端子
エーモン工業(amonkogyo) (2012-05-09)
売り上げランキング: 1,131






取りあえず、アースに黒。残りの電源3つ分に赤のコードを接続し、熱収縮チューブを取り付け。

元の電源ケーブルの接続部分が短すぎ。あと3cmは欲しい。

が、何とかつけれます。

コードの先にはギボシもつけときます。

車内で作業は面倒くさいので事前にやっとくのがベター。

ただし、本体設置場所からヒューズボックスまでのコード必要長は計っておいて。ですが。



さて、、、




翌日、朝っぱらからホームセンターの駐車場で取り付け開始。

付属のスタンドはデカイので今回の取り付け場所に合わず、L字ステーをホームセンターで調達し、そのまま直付けする事にしました。

付属のスタンドの接地面のデザインが汚いってのも理由のひとつ。






できた!

電圧計自体はとっても軽いので、この程度でも十分接着設置可能です。




付けた!

ヒューズボックスまで配線這わすのがちょっと大変で撮影するの面倒なので割愛。

まあ、パネルを外してうまいこと隠せとしか、、、

まあ、特に高い技能がなくてもできます。

電源ケーブルはナビのパネルに挟み込みました。

けっこうキツキツなので、繰り返すと断線しちゃいそうですが、まあ消耗品だし、、、断線したら直せば位いいやと割り切り。




一発本番で挑んだので、不良品じゃありませんよに、、、

と祈りながらエンジンスタート。

|゚Д゚) 点いた!!

白のLEDでけっこう鮮やかです。




運転席からの視認性もいい場所で、尚且つ空いてるスペースを埋めれたのでよしとします。




ライトを点けると青くなります。

夜は青々として、なかなか、、、


この辺は車内の他のインテリアと合わせればいいので、昼も夜も白がいいという人はイルミの電源外せばいいだけです。



さて、電圧計なので、ちゃんと計れるかどうかですが、、、


問題なし!


WISHの場合、走行中は概ね12.5V(バッテリーはパナのカオス)。

ブレーキ中や、アイドリング中、ライトを点けた時なんかは14V程になったりします。

12~14.5Vあたりを、状況に応じて針が動いて、ちゃんと計測できてる感が感じられます。


まあまあいい買い物でした。





エンジニア 精密圧着ペンチ PA-09
エンジニア
売り上げランキング: 360