2016年05月20日

ルンバのバッテリーを交換してみた





バッテリーがご臨終してからしばらく放置してたルンバを再活動させるべく、

バルク品バッテリーを買ってみた。


バルク品は色々でてるけども、純正より500mAh多い3500mAhで、尚且つ電池寿命自体が3年のものをチョイス。






今回バッテリー交換するのは577。

もう7年前の代物ですな。当時のハイエンドマシンです。

とはいえ、未使用期間もあったので、まだ使えるだろう。と。






アメリカナイズな設計なので、バッテリーボックスなんてギミックはありません。

腹のカバーをネジを外して外すことになrます。

とはいえ、一般的なプラスドライバー1本で、ネジは4か所だけなので、楽ちんですけどね。




外すとこんな感じに。




ご臨終したバッテリー。

布テープが両サイドにヒダのように付けられてるので、ひっぱりあげれます。



外すとこんなんです。




新旧並べてみる。

端子部が若干規格が違うが支障はないっぽい。




はめ込んで、カバーを取り付ければ完了。

はめ込み方向も突起部が片方にしかないので間違うことはありません。




ちゃんと充電できました!


後は、寿命次第。

次、バッテリー切れた頃には本体も買い替えかなと思います。





iRobot ルンバ用 純正バッテリー
アイロボット
売り上げランキング: 8,227









同じカテゴリー(電モノ)の記事画像
fire HD8を買ってみた
ZDR-012を買ってみた
SO-04Jを買ってみた
DUO11 モニター故障修理に出してみた
デュアルショック4を修理してみた
ダンボーミニをスモール連動にしてみた
同じカテゴリー(電モノ)の記事
 fire HD8を買ってみた (2018-01-03 22:56)
 ZDR-012を買ってみた (2017-11-20 10:45)
 SO-04Jを買ってみた (2017-06-18 01:31)
 DUO11 モニター故障修理に出してみた (2015-10-23 17:35)
 デュアルショック4を修理してみた (2015-09-14 17:32)
 ダンボーミニをスモール連動にしてみた (2015-07-20 23:18)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。