2017年05月23日

ワンタッチテントを買ってみた

デイキャンプやらBBQにケシュアのタープを使っていたのですが、
子供も増えてその他荷物も増えて、移動の車内が手狭になってきたので、
手ごろなテント兼タープを探したところ、、、



ANNTER
ワンタッチテント


というのがあったので、勢いで買ってみました。





開封。

収納時サイズは73㎝×Φ15㎝ぐらい。

ショルダーベルトで肩にかけると、アサルトライフルじゃなくてサブマシンガンな感じです。




中華なのか台湾なのか、よくわからんけどもその辺特有の変な日本語翻訳解説が付属。
なんとなく読めます。

が、設営も収納も一度練習すれば覚えれるほど簡単。




収納袋からだして取りあえず真ん中のポール?みたいなのを塔にして周りを広げます。
ここまでは6歳児でも可能。




で、、、設営の瞬間ぶっとばして完成。

大人が塔を上空に向けてひっぱりあげれば、バチョンって感じでハリができて完成。

作業内容は違うけど傘を開くようなイメージで、5秒くらいでできる感じです。




フロントとバックにファスナードアがあるので、早速2歳児がファスナーを開き中に侵入。






あとはほっとくだけで幼児ホイホイとして機能します。

天井高は130㎝ほどなので、大人が直立はできないけど、
大人二人と、子供二人が入って足を伸ばして寝っ転がれるサイズ。

日よけや、昼寝、着替えには不自由しない感じです。




天井部分にはそこそこ大きめのメッシュ窓があるので風通しはよさそう。


ちなみに、内側のテント部分は取り外せるので、タープ?サンシェード?としての利用も可能です。
プライベート性はかなりなくなるのと片付けに手間が増えるので、テント状態のままが使い勝手いいかもしれないけど。




片付けは、大人が天井の短い方のポールを内側に折り込めば、すぐにこの形に。
2歳児が全力で泣きます。






四隅の伸びた部分は、ポールの真ん中あたりの継ぎ目のところを、




骨を外す感覚でシャコッとひっぱります。




そうすれば折りたたみ完了。




一応おまけでロープとペグがついてますが、ペグは別でいいやつ買った方がいいと思う。


サイズダウンと一緒にグレードもダウンして、タープというよりはサンシェード程度だけども、
目的にはあっているんじゃないのかと。

耐水圧3000㎜らしいけど、これは期待せずに天気のいい日にデイキャンプまでで使いましょう。
これからの季節だとプールサイドの休憩場所取りにも使えるかも。


安くて設営が簡単で、カラーがアーミーグリーンのテント兼シェードが欲しい場合はちょうどよいアイテムかと思います。

耐久性は使っていってみないとわからないけど、試し張りした感じでは月1~2回利用のライトユーズでちゃんと取り扱えば2~3年は持つんじゃないかと。



なんか、ブランド名?がANNTER ⇒ ANTSIR に微妙に変わってるけど、たぶん同じもの。
 ↡








同じカテゴリー(あなざー)の記事画像
ノースフェイス RECON SQUASH K NM71705A を買ってみた
カメラ用一脚を買ってみた
トーツの折り畳み傘を修理してみた
ダイソー ホワイトボードノートを買ってみた
ノースフェイス シャトルデイパックを買ってみた
スーパーブレークアップを買ってみた
同じカテゴリー(あなざー)の記事
 ノースフェイス RECON SQUASH K NM71705A を買ってみた (2018-05-29 00:50)
 カメラ用一脚を買ってみた (2017-05-26 01:51)
 トーツの折り畳み傘を修理してみた (2016-11-10 01:22)
 ダイソー ホワイトボードノートを買ってみた (2016-05-16 00:58)
 ノースフェイス シャトルデイパックを買ってみた (2016-03-21 23:09)
 スーパーブレークアップを買ってみた (2015-10-25 13:53)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。